どうして白髪が染まるの?

banner 白髪染めによって白髪が染まるのって不思議ではありませんか?どうして白髪が染まるのでしょうか。白髪が染まるメカニズムをご紹介していきます。
まず、白髪染めは2つの薬剤によって染められていることをご紹介します。一つは酸化染料とアルカリ染料の二つが配合された薬剤です。そしてもうひとつは酸化剤です。これらの二つの働きによって髪の毛が染められているのです。
それではこの二つがどのように働くのかを説明します。まずは、これらの薬剤が混合された液を髪の毛に塗布します。するとアルカリ剤が髪のキューティクルの部分を開きます。開かれた上体のキューティクルから酸化染料が浸透していきます。
その後酸化剤によって酵素が発生します。発生した酵素は髪の毛の黒色の元になるメラニン色素を脱色させ、そして酸化染料を発生させた後に髪の内側まで染み込ませることができます。
染料はその後キューティクルが閉じることで閉じ込められた状態になり、その結果染料によって色が定着するというわけです。
このようにして白髪の髪の毛を好きな色に変化させることができるというわけです。上手く白髪染めを行うためにもこのメカニズムは知っておくと有効かと思います。白髪染めの前に確認しておきましょう。

注目コンテンツ

Copyright(c) そろそろ白髪染めの時期では?. All Rights Reserved.